ダウンタイムとケア

医者

ダウンタイムは短い

小顔効果がある美容整形の施術の中でも、ダウンタイムが短いという特徴を持つのがボトックス注射です。一般的に、美容整形の施術を受けるとしばらく痛みや腫れが続くというイメージを持つ方も多いですが、ボトックス注射の施術の場合は、1週間程度で治まります。また、人によっては施術後に内出血が生じることもありますが、隠せる程度なのであまり気になりません。小顔目的でボトックス注射の施術を受けた場合、メイクや洗顔は当日から可能なため、施術後にメイクをして帰宅するということもできます。そのため、内出血が現れた場合も、すぐにファンデーションやコンシーラーを利用してカバーすることもできるので安心です。ボトックス注射の施術は、入浴やハードな運動も施術当日からできるので、すぐ普段どおりの生活を送ることが可能です。ただ、顔のマッサージは1週間ほど控えるようにしてください。強いマッサージでなければ大丈夫ですが、続けているとつい力が入ってしまうこともあります。弱めの力加減でやるのが難しい方は、マッサージ自体控えておくと良いでしょう。1週間ほど経つと、行動の制限はほとんどないので、ほかの施術法に比べてもダウンタイムは短いです。ストレスを感じることも少なく、理想の小顔に近づけるという点も、ボトックス注射の魅力の一つです。

意識したいこと

小顔効果をきちんと得るためには、ダウンタイムの後にも意識しておきたいことがあります。施術後はボトックスによって咬筋の働きが抑えられている状態のため、再び発達しないように食生活にも注意が必要です。特に固い食材をなるべく食べないように意識しましょう。目安として1ヶ月ほど、固い食材は避けるようにしてください。もし食べたくなったときには、通常よりも細かく刻んだり、量を少なくしたりするなどの工夫をしてみましょう。ほかにも、ガムを噛まないようにしたり、あごに負担がかからないようにしたりすることを意識するようにしてください。困ったときには、医師に食事メニューを相談したり、避けるべき行動を確認したりすると良いでしょう。ボトックス注射の小顔効果をできるだけ長持ちさせるためにも、日頃からできることを意識して習慣づけるとベストです。ボトックス注射の施術後は、咬筋を刺激したり負担をかけたりしないようにして、小顔をキープできるようにしましょう。

Copyright© 2019 小顔になりたい女性の間で人気のボトックス注射の魅力とは? All Rights Reserved.